■Cashflow Planning
       
  銀行から資金調達する際に最も重要な資料は「資金繰予定表」です。
今後6ヶ月から12ヶ月の「収入」と「支出」がどのようになっているのか説明するための提出資料ですが、何故資金が必要になったのか、借りたお金はどのように返済するのか説明する上で必要となります。月々の資金収支から発生する不足資金を補うための「運転資金」として借り入れを申込む場合は必ず提出する必要があります。
設備等を調達するために長期の契約で借入を行う場合も、契約通り返済ができるのか確認する意味からも毎月の資金の収支(=プラスなのかマイナスなのか)については重要な判断材料となります。
   
    【サービス概要】
      「売上がいくら」「仕入額はいくら」「結果として利益がいくら」を考えると同時に、毎月「いくらの入金があり」「いくらの支払いがあるのか」結果としてお金は「残る」のか「不足」するのか見極めるために利用する資金繰計画を策定します。
お金が不足する場合、無駄にならないように最小限の資金をどのようにして調達したら良いのか、資金繰計画を基に考えると同時に、年間の収支見込から中長期の資金収支予定表のベースとして活用します。
 *金融機関が認める「資金繰予定表」と「長期収支予定表」の作成をお手伝いいたします。   
       
         資金繰計画・実績表    
          
    [資金繰計画に基づく最適な資金調達手段の策定]        
      銀行からお金を借りるには金利を支払う必要がありますので、無駄な借入は会社の利益に貢献しません。現在の会社の状態、今後の業績見込みなど総合的に検討し、最適な資金調達=借入方法を考えると同時に、借入に必要な説明資料の作成をお手伝いします。
 …
ご支援期間は1ヶ月、ご支援価格は100,000円が標準となりますが、詳しくはご相談ください。   
                 

Copyright 2014 HFMConsulting.Inc ,All Rights Reserved