■Succession Biz
       
  会社経営者である社長から後継者へ事業を引継ぐ場合「経営者の地位」の引継ぎと「事業財産」の引継ぎを考えなければなりません。しかし、事業の引継ぎを考える場合、現状を正しく分析することで以下の課題を如何にして解決できるか検討する必要があります。
(1)会社の役員構成や財務状況、個人の財産状況や親族内の後継者候補の有無、相続税等事業承継に必要な資金の有無を確認する
(2)会社の強みや弱みから「事業」としての価値の源泉を把握すると同時に、価値を持続維持できるか確認する
(3)経営者の個人的能力が価値の源泉の場合は、現状の状態で承継可能か否か、解決する方法はあるのか確認する
   
    【サービス概要】
      会社オーナーである社長から親族への財産の移転を効果的に行うと同時に、会社の従業員の雇用確保も含めた事業の継続と発展を実現できるような計画を立案します。
親族内による承継、従業員や外部経験者による承継、更にはM&Aによる承継も含め、メリット・デメリットを加味した最適な事業承継プランの立案をお手伝いします。
   
       
         事業承継手法の選択イメージ    
【税務提携公認会計士】
 
    [長期経営計画に基づく事業承継プランの企画・立案]        
      事業承継に関しては、会社の中長期的な経営計画の一環として考える必要があります。相続とも関連した税務対策を考えなければなりません。提携する公認会計士事務所と連携し「最適な事業承継計画立案」に必要な総合的アドバイスを実施いたします。
ご支援期間は2ヶ月、ご支援価格は300,000円が標準となりますが、詳しくはご相談ください。   
                 

Copyright 2014 HFMConsulting.Inc ,All Rights Reserved